活動報告

8月31日 先に提出した陳情が付託される委員会が決定し、正副委員長への趣旨説明が行われました。

/
7月29日、目黒議会事務局から電話がかかってきた。 私が提出した陳情が審議される委員会が決まったお知らせと共に事前に委員長(公明党所属)と副委員長(自民党所属)が直接面談して話を聞いてくれるそうだ。 電話をくれた区役所の担当者: 「ぜひともこの機会に、白川さんの思いの丈をぶちまけて下さい」 私、「ありがとうございます!!制限時間何分ですか?!」 担当者「笑、30分ぐらいで・・・」 そして本日7月31日、目黒区議会事務局へ。 30分間の予定でお時間調整頂きましたが、なかなか私が納得できず食い下がったため 実際は1時間弱お時間を頂くことに。(貴重なお時間を頂いたこと感謝いたします)。 正式には9月11日の文教子ども委員会というところで審議されることが決まり、まだ結論は出ていません。が、 今日、事前にお話しを伺った範囲では、目黒区として今は積極的に「児童虐待防止条例」を制定する気はないとのことでした。 理由その1 区議説明:目黒区は6月20日に区議会として既にこの件に関して決議文を出している。 私の質問:決議文とは「決議した事柄をしるした文」⇒決議したことを文章にしただけで現状と何が変わるのでしょうか?  もっと踏み込んで具体的に児童虐待防止策をとって欲しいのです。 この決議文の中にも児童相談所の目黒区への運営移管に関して、「既に国や東京都に強く要請しており、引き続き区行政と共に議論を重ねていく。」とありますが、具体的にいつ頃までに移管を完了させるスケジュールで進めているのですか? 区議説明:児童相談所の移管については、先ずは予算が・・・それに人材の確保も難しい・・・ 2024年以降を目指しているが、予定であり、予算が確保できなければ進められない。 財源をどう確保するという課題が解決できたら直ぐにでも進める。先に移管を進めている他区の状況も見ながら進めていきたいと思う。 その2、 区議説明:国も動き出していますし、東京都も児童虐待に関する条例を制定する準備を進めているので、目黒区としては、その内容を見てから判断したい。 今の段階では東京都の条例がどんな内容になるのかわかっていないので、 先んじて区が条例化するのはどうかと思う。 私質問:そんな悠長なことを言っていては救われる命も助からないのでは? 結愛ちゃんをみすみす殺してしまった当事者としての意識をもっと持って頂いて ここはぜひ、目黒区が再発防止に向けてもっと先頭にたってアグレッシブな対応を取って頂きたい。反省を込めて当事者がロールモデルになるべきだと思うのですか? 2月20日時点で小学校の説明会に結愛ちゃんが欠席していた時点で、品川児相よりも、まず、学校からの連絡を受けて、目黒区の子ども支援センターも動くことはできたと思いますがその辺りはどうなっていたのでしょうか? 区議説明:詳しい事に関しては、今回提出頂いた陳情の内容とは外れた内容になると思いますので、陳情の内容だけに絞って頂きたい。 またこの件に関しては区長も言及しており、「現在、東京都を中心に検証がなされており、再発防止に向けての検討も行われておりますことから、国や東京都をはじめ、関係機関において新たな取り組みが進められていますので、それをしっかりと踏まえて関係機関と協力していきたいと思っている。」 私質問:では、やはりこの件に関しても東京都や国の出方を見てから対応していくということになるのですか? 区議説明:まあ。そうなります。目黒区は区長はじめ、議会全員で児童虐待の問題に取り組んでいますから、今しばらくお時間を頂きたい。 このような説明と質問で約1時間弱・・・これといって具体的な発言は聞くことはできませんでした。 頑張ってます。だからもう少し時間を下さい。  そうやって今までも、経過観察や引き続きという言葉で問題を先送りにしてきたことで、 大人たちが全力で見守っている間に結愛ちゃんはひどい虐待を受けて亡くなったのです。 決議文まで出している目黒区議会ですら、この期に及んでもまだそのスタンスなのは本当に驚きです!! 私が区に早急に対応を求めているのは以下の項目。 1. 目黒区への陳情として求める内容 目黒区児童虐待防止条例の制定 2.東京都知事に意見書として求める内容 1)…
活動報告

6月27日 目黒区議会へ「目黒区児童虐待防止条例の制定を求める陳情」を提出いたしました。

/
目黒区議会へ陳情を提出しました。 目黒区船戸結愛ちゃん虐待死事件を受け、先輩ママとして日ごろから息子の子育ての相談をさせて頂いているママ友でもある都議会議員の上田令子さんが、次のようなブログを公開しました。 目黒区船戸結愛ちゃん虐待死事件児相&警察虐待情報全件共有陳情をあなたの自治体へ出そう! http://blog.livedoor.jp/edomam/archives/52441728.html 私自身も3人の子育て中の母親として、また私たちが暮らしている身近な地域でこのような痛ましい事件が起きてしまったことに衝撃を受けました。 娘と同じ歳の結愛ちゃんが残した「おねがいゆるして」という文章を読むのは、今でも耐え難い内容です。被害を受けている子供たちは、助かる術を自分たちでは全く持ち合わせていないこと。そして本来、子供が助けを求め、そして命をかけてでも子供を守る「親」その人が、子供を痛めつけてしまう悲しみと共になぜ、結愛ちゃんのいのちを守ることができなかったのか、自問自答する日々を送ってきました。 その間、イギリスやアメリカの子ども虐待対応への考え方なども自分なりに調べていました。地域ごとの施策として、細かい地域に分けて予算組をしているイギリスでは対応システムを地域行政が民間とのパートナーシップによって展開しています。虐待対応のガイドラインもWorking…