白川愛の5つの政策

いじめ、体罰、児童虐待。気づかなかったじゃ済まされない!!

子どもたちのためにベストを尽くし、子どもたちの「いのち」と「人権」を全力で守れる目黒区を実現するために、情報が共有されない縦割り行政の閉鎖的体質や組織風土を改善します。行政機関の狭間で尊い命がみすみす奪われる危険性を払拭します。目黒区児童相談所の早期開設、学校・福祉・警察との虐待情報の全件共有を強く求め実現させます。政治家がやるべきことは、子どもに関する問題にきちんと予算をつけることです。

未来の納税者である子どもたちにツケを回さない!!

老朽化し稼働率の低い区有施設は、今こそ、その存在意義を見直すべきです。将来を見据え固定経費をスリム化します。既存施設の機能は利用者目線で複合化、集約化、資産、資源の無駄や人員配置の最適化を図ります。公園は区民一人あたり2㎡目標達成へ、誰もが利用できるから誰しもが利用したくなるソーシャルキャピタルとしての公園、防災機能が充実した公園整備を実現させます。 100%納税者目線!!随意契約をなくし徹底した競争入札を実施させ、経営者目線で1円たりとも税金を無駄にしない行財政改革を実行します。行政職員の天下り先になっている外郭団体は自ら稼ぎ経済的に自立できるようにサポート。外部委託という名の丸投げは厳しくチェック。税金や補助金に群がる、おねだり上手な政治からの脱却を計ります。

魚は頭から腐る!!

個人情報を握ることは、他人の人生を握ること。 区の職員による人為的ミスにより相次いで発生する個人情報漏洩事案は行政職員ひとりひとりの個人情報保護に対するモラルの低さ、組織としての緊張感の無さが原因です。これはトップの怠慢が組織の硬直化を招いている結果です。議会もまたしかり。多数派で役職をたらい回しせず、専門性や独立性を発揮した更なる監査機能の充実を実現させるためには議員選出監査委員の選任制度を見直す必要性を感じます。 財源難を理由に後回しにされているいくつもの区民サービスがある中で、区長と議会多数派の一連托生で増額される区長報酬と議員報酬。4年ごとに支払われる区長の退職金2,000万円や議会に出席するだけで一律支給される議員に対する費用弁償(日額2,000円)は廃止を求めます。 日常業務を疎かにすることの危険性、コンプライアンス意識の欠如は徹底的に見直し、再発防止へPDCAサイクルを区民に公開します。議会が行政の監視機能としての本来の役割を果たすやめに議会改革を推進します。

育児や介護、障がい当事者をもうこれ以上誰も孤立させない!!

深刻な社会問題となっている介護や子育中の女性の孤立や母親の産後うつの問題。育児ストレスが原因で正常な判断ができなくなった母親たちの孤立が原因で悲惨な事件がこれまでにも度々ここ目黒区でも起きています。地域住民や関係団体・機関など地域力を活かし、デジタル技術も活用することで後々起こりうるリスクや重大事件を予防します。妊娠、出産から子育てまで切れ目のない育児支援を提供するフィンランドの「ネウボラ」目黒版の実現を目指します。障がい者の就学から就労に至るまで個々のニーズに応じて自立した地域生活実現できるため体制整備を整えます。

誰もが自分らしい選択ができる社会を目指します!!

次世代グローバルリーダー・定年後ヒーロー育成はここ目黒から。 私たち子育て世代も安心して社会に出られる環境整備を推進します。こどもたちの急な病気に対応できる病児保育施設の充実を図り、保育園、学童保育は今以上に質を高めます。区有施設の有効活用で民間企業や教育機関、NPOや社会起業家、ボランティアなど世代や性別を問わず参加できる活動拠点をここ目黒区にも創ります。子どもたちのグローバル教育発展のため英語圏含め多様な自治体との姉妹都市連携(現在は中国と韓国のみ)を推進し、区内の中・高校生をはじめ、区民が海外で学ぶチャンスを広げます。定年後は第二の人生を有意義に愉しく生きる。創業支援、シニア世代の社会参画を応援。地域コミュニティを活発化させ世代に捕らわれず全ての地域住民のウェルビーングの向上を目指します。